堕ちた果実リアルキャバクラストーリー2巻ネタバレ

皆さんこんにちわ。

キャバクラで働いて、
男の人に貢がれたい願望が少しだけあるアイミです(笑)

 

今日は、

「堕ちた果実~リアルキャバクラストーリー」

2巻のネタバレを紹介をしたいと思います。

注:ネタバレを含んでいます。

堕ちた果実リアルキャバクラストーリー2巻のあらすじ

堕ちた果実アイキャッチ

 

❚「愛香」としてのスタート

 

『愛香』という源氏名でキャバクラで働き始めた愛。

 

ミスばかりしている昼のドラッグストアでの仕事と比べ、キャバ嬢としての愛は順調でした。

 

キャバ嬢の仕事の1つに

『アフター』

というものがあります。

※『アフター』とは、
店が終わった後に客と食事などにでかけること。

 

アフターをすると、寝る時間が減ってしまいます。

寝る時間を確保するため、愛は掛け持ちしていたドラッグストアの仕事は辞めてしまいます。

 

 

チーママのヘルプとして、ほとんど毎日アフターに出る愛。

 

愛をこの仕事に引き釣り込んだスカウトマンの宮田も、愛の頑張りを褒めています。

 

スカウトマンがキャバ嬢を褒めるには理由がありました。

紹介した女の子が、

『10日以上キャバクラで働いた場合』

スカウトマンにキャッシュバックがあるのです。

 

キャバクラに向かう愛に宮田は言います。

「がんばってねー!」

「本当に♪」

その表情はどこか意地悪。

「本当に♪」の言葉がどこか薄気味悪く見えます。

 

ある日、
愛はチーママから「お小遣い」を手渡されました。

 

「もらえないですよ。」 

「どうしてですか?」

 

戸惑う愛にチーママは説明します。

 

「私のヘルプに付いても、それは愛香の売り上げにはならないの。」

 

「愛香ちゃんが頑張ってるのに、あたしの売り上げになるのも変でしょ?」

 

夜の商売をしている女性が、自腹でポケットからお金を出すなんて・・・

怪しい雰囲気がプンプンします。

 

❚危険な「アフター」

 

愛は今日も、
チーママのヘルプとして『竹部』という客とアフターに出かけます。

 

寿司屋で竹部と飲んで酔っ払ってしまった愛は、誘われるままラブホテルのロビーに。

 

「竹部さん、こういう場所は…」

 

「ちょっとだけ休むだけだって!」

 

チーママの大事なお客さんだからと言って、恋人でもない男性にカラダを許す訳にはいきません。

 

自分のカラダを守る為に愛は、他のカップルが入ってきた隙をついてホテルを飛び出し、タクシーに乗り込みます。

 

「こんな事になっちゃって・・・。」

 

「次に竹部さんと会う時、気まずいなぁ・・・」

 

心配していた愛でしたが、その時竹部からメールが。

 

特に怒ってる様子もないその内容に、ひと安心する愛なのでした。

 

❚翌日も愛は竹部と・・・

 

翌日も愛はチーママのヘルプで竹部の席へ。

 

「あたしの分も飲んでくれる?」

「肝臓の調子が良くなくて…」

 

チーママの言葉を素直に聞き、お酒を飲む愛。

 

チーママの為に、頑張ってお酒を飲む愛の姿を見る竹部の目は少し不穏で、なにやら怪しい雰囲気。

 

『ハメられそうになってる事』に、全く気づかない愛にはちょっとじれったくなってしまいます。

 

席を立って、トイレに行った竹部におしぼりを渡しながらチーママは言います。

 

「今日こそ大丈夫だから。」

 

その日も愛は、竹部とアフターに出ることになりました。

 

ちょっと雰囲気の良いバーに来た2人。

 

「この子には、何かオススメのお酒を。」

 

竹部はそう言って、バーテンダーに目で合図をします。

 

不穏な雰囲気ですが愛はまったく気づかず、出されたお酒を飲んでしまいます。

 

急激な眠気に襲われた愛。
いつの間にか、バーで眠ってしまっていました。

 

「ん~っ」

 

気が付くとそこは見慣れない景色。

 

そこは、竹部の部屋。

 

愛の上には、服を脱ぎ裸になっている竹部。

 

胸は半分見えている状態で、
愛のパンツに手がかかっているところでした。

 

大きくなってる竹部のアソコが、愛の下半身に近づいてきます。

 

「きゃああ!!」

 

今から何をされるのか分かった愛。

必死に抵抗します。

 

大きな声を出す愛に、竹部はこう言います。

 

「今まで良くしてやっただろ!」

 

「これくらい良いじゃねえか!」

 

「い、嫌ッ!!」

 

❚ヒドイ言葉と新たな借金

 

竹部から、昨夜の事を聞いたチーママが、愛に言ったのは衝撃的な言葉でした。

 

「そんな馬鹿な娘とは思わなかったわ!」

 

「新人が先輩の為に夜のつとめを果たすことは、キャバ嬢として当たり前の事だ!」

 

というのです。

 

『キャバ嬢のしきたり』

を受け入れる事が出来なかった愛は、店を辞めることにします。

 

自宅で泣いている愛のところに、スカウトの宮田から連絡がきます。

 

「別の店紹介するから、安心してよ!」

そうは言われても、愛にはひとつ問題がありました。

 

前の店に『借金』が残っていたのです。

 

そんな愛に、宮田はレディースローンを紹介します。

 

ほとんど闇金といっていい業者ですが、愛は一瞬ためらっただけで借りることを決めてしまいます。

 

お金を貸した業者は宮田に言います。

 

「また見事にカタに嵌めたもんね・・・。」

 

「あの子をこれからどうするつもり?」

 

金融業者の言葉に、にやりと笑って宮田は言います。

 

「これからじっくり考えるさ・・・」

 

 

借金を重ね、どんどん堕ちていく愛・・・。

 

夢と希望に満ちあふれていた都会の生活が、また遠くに・・・・・・

 

『堕ちた果実~リアルキャバクラストーリー』を無料で読むにはコ・チ・ラ

→堕ちた果実~リアルキャバクラストーリー

完全無料で立ち読み出来ます。

「おちたかじつ」と検索してください。

「堕ちた果実」が全巻揃っているのは、
まんが王国
という安心の超大手電子書籍サイト!

次回の堕ちた果実3巻のネタバレはこちらからどうぞ

 

→『堕ちた果実~リアルキャバクラストーリー』3話

 

 

コメントを残す